So-net無料ブログ作成
検索選択
ドイツ語は面白い!
Film 映画 ブログトップ
前の10件 | -

9月のドイツ語映画 TV放送予定 メモ [ Film 映画]

ムービープラス
http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200801959-000

『ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜』

原題:Goethe!
制作:2010年・ドイツ
監督・脚本:フィリップ・シュテルツェル
出演:アレクサンダー・フェーリング、ミリアム・シュタイン 、モーリッツ・ブライプトロイほか
言語:ドイツ語
2013年09月16日(月)09:45~(112分)
2013年09月24日(火)05:00~(112分)

映画の公式サイト:http://goethe.gaga.ne.jp/

※お堅いイメージのあるゲーテ、普通の若者だったこと、かなわぬ恋があったこと、瑞々しく描かれている作品でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

8月のドイツ語映画など TV放送予定 メモ [ Film 映画]

今月はドイツ語で放送される映画が見つからなかったので
多分ドイツ語が映画の中で流れるものとオペラをメモしました。

http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200801108-000 より引用

『クヌート』<日本語吹替版> 原題(ドイツ語):KNUT UND SEINE FREUNDE
放送日時 :2011年8月8日 8:30~(本編:98分)

解説: 2006年ベルリン動物園で誕生したホッキョクグマの成長を中心に、様々な地域で逞しく生きるクマたちの生態に迫るドキュメンタリー
ストーリー:ドイツのベルリン動物園で誕生したホッキョクグマの“クヌート”は、母親が育児放棄したため人工哺育で育てられ、人気者となる。北極では三つ子の子グマが誕生、ロシア・ベラルーシの森では双子のヒグマが母親を亡くす。異なる環境で懸命に生きるクマたちの運命は・・・?

監督:マイケル・ジョンソン
制作:ドイツ(2008年)
ナレーション:藤井フミヤ
言語:日本語/字幕:日本語



http://www.nhk.or.jp/bs/t_theater/ より引用

プレミアムシアター バイロイト音楽祭2011から
歌劇『ローエングリン』 原題(ドイツ語):Lohengrin

BSプレミアム  8月14日(日)午後10:45~午前5:00
 ※8月14日(日)午後10:10~10:45 バイロイト音楽祭2011 生中継直前スペシャル

大作曲家ワーグナーが1876年に創設し、ドイツ中部の都市バイロイトの祝祭劇場で行われるバイロイト音楽祭。カラヤン、ベーム、クライバーといった時代を代表する大指揮者たちが次々と登場、チケットの予約待ちは10年以上と言われ、世界中のクラシック音楽ファンが「一生に一度は行きたい」とあこがれる音楽祭である。昨年、NHKは世界の放送局に先駆けて、バイロイト音楽祭のTV生中継を実現し、大きな反響を呼んだ。そして今年もバイロイト音楽祭の魅力あふれる演目の中から、ワーグナー作品の中でも屈指の人気を誇る歌劇「ローエングリン」を6時間以上におよぶ特別編成で、バイロイト祝祭劇場から衛星生中継でお送りする。
【出演】舩木篤也,黒崎めぐみ

<演 目> 歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)
<出演> クラウス・フロリアン・フォークト(ローエングリン)/アネッテ・ダッシュ(エルザ)ほか
<管弦楽>バイロイト祝祭管弦楽団
<指 揮>アンドリス・ネルソンス
<演 出>ハンス・ノイエンフェルス


http://www.nhk.or.jp/bs/t_theater/ より引用
プレミアムシアター ザルツブルグ音楽祭2011から
『影の無い女』 原題(ドイツ語):Die Frau ohne Schatten

BSプレミアム  8月13日(土)午後11:30~午前3:30

<演 目>歌劇「影のない女」(リヒャルト・シュトラウス)
<出演>ステファン・グールド(皇帝),ウォルフガング・コッホ(染め物師バラク),エヴェリン・ヘルリツィウス(バラクの妻) ほか
<管弦楽>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<指 揮>クリスティアン・ティーレマン
<演 出>クリストフ・ロイ
収録:2011年7~8月
祝祭大劇場(ザルツブルク)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

5月のドイツ語映画 TV放送予定 メモ(5/5追記) [ Film 映画]

■NHK BSプレミアム BSシネマ
http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/calendar.html より引用

『 ヒトラーの贋札(にせさつ) 』
2011年 5月11日(水) 午後10:30~午前0:10放送予定

原題:DIE FALSCHER
制作:2006年・ドイツ/オーストリア
製作:ヨーゼフ・アイヒホルツァー、ニーナ・ボールマン、バベット・シュローダー
監督・脚本:ステファン・ルツォヴィツキー
原作:アドルフ・ブルガー
出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ ほか
言語:ドイツ語
※ 第二次大戦下、ナチス・ドイツがイギリス経済を混乱させるため行った史上最大の紙幣偽造事件「ベルンハルト作戦」。実際に作戦に携わったA・ブルガー氏による著書をもとに、偽札造りのため強制収容所内の秘密工場に集められたユダヤ系技術者たちの苦悩と葛藤をスリリングに描いた歴史ドラマ。彼らに課せられた任務は、遂行すれば戦争が長引き、できなければ死という過酷なものだった。アカデミー外国語映画賞受賞。

(主演のカール・マルコヴィクスさんは日本でも放送されているオーストリアのドラマ「REX~ウィーン警察シェパード犬刑事~」/原題「Kommissar Rex」にも出演しているコミカルな演技でもいい味だしてる俳優さんです。)


■ ムービープラス カンヌ映画祭スペシャル2011
『そして、私たちは愛に帰る』
http://www.movieplus.jp/special/201105/index.html より

放送予定日時
2011年5月9日(金) 午前6:00~(128分)
2011年5月26日(木) 午前10:45~(128分)

監督/脚本:ファティ・アキン
原題:THE EDGE OF HEAVEN / AUF DER ANDEREN SEITE

出演:バーキ・ダヴラク/ハンナ・シグラ/ヌルセル・キョセ
 /トゥンジェル・クルティズ/ヌルギュル・イェシルチャイ /パトリシア・ジオクロースカ

制作 :2007年/トルコ・ドイツ(122分)
言語:ドイツ語、トルコ語、英語

老人、娼婦、学生、トルコ、ドイツ…ブレーメンを舞台に繰り広げられる人間模様。


■ムービープラス カンヌ映画祭スペシャル
http://www.movieplus.jp/special/201105/index.html 等より引用

『 ブリキの太鼓 』
2011年 5月17日(火) 午前8:30~(149分)放送予定

監督:フォルカー・シュレンドルフ
原題:DIE BLECHTROMMEL
制作:1979年/西ドイツ・フランス
製作:フランツ・ザイツ、アナトール・ドーマン
脚本:ジャン=クロード・カリエール
原作:ギュンター・グラス
出演:ダーヴィット・ベネント/マリオ・アドルフ/アンゲラ・ヴィンクラー

言語:ドイツ語

※1927年、3歳の誕生日に母からブリキの太鼓をプレゼントされたオスカル。この日見た大人たちの狂態を耐えがたく感じた彼は、大人になることを拒み、自ら階段から落ちて成長を止めた。そして彼には、太鼓を叩きながら叫ぶとガラスが粉々に割れる不思議な能力が備わる。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

9月のドイツ語映画 放送予定 メモ (9/5追記) [ Film 映画]

9月のドイツ語映画 放送予定 メモ

■AXN
『ザ・クラウン 炎のリベンジャー』
http://axn.co.jp/program/clown/

2010/09/03(金)20:00 【字】放送予定
(2010/07/30放送予定で以前紹介しましたが、見ないでしまったので再放送があってよかった!!)

出演:スフェン・マルティネク、トーマス・アンツェンホーファー、エヴァ・ハーバーマン、ゲッツ・オットー
監督:セバスティアン・フィック/製作:ヘルマン・ヨハ/脚本:ティモ・ベルント
Description原題:The Clown
制作:2005年/ドイツ
ジャンル:映画(104分)
言語:ドイツ語
※未見ですが、タイトルの通りのアクション・エンターテイメントのようです。


■BS日テレ プレシャスタイム
『ドレスデン~運命の日』
http://www.bs4.jp/guide/cinema/u900/

2010/09/05(日)13:00~14:54放送予定
出演:フェリシタス・ヴォール, ジョン・ライト, ベンヤミン・サドラー, ハイナー・ラウターバッハ
監督:ローランド・ズゾ・リヒター/製作: ニコ・ホフマン /脚本:シュテファン・コルディッツ
原題:DRESDEN
制作 :2006年/ドイツ(144分)
言語:ドイツ語

第二次世界大戦のドイツ東部のドレスデンでの悲劇を
裕福な家庭に育った一人の若い看護婦を中心に描く。

(ドレスデンは歴史ある建築物が多い都市で、日本の京都のように
 町の中心部は空爆を逃れていたのではないかと考えられる。
 しかし、化学工場も多い都市でもあったために
 結局は終戦となる年に壊滅的な無差別爆撃をうける。)


■ BSジャパン シネマクラッシュ
『そして、私たちは愛に帰る』
http://www.bs-j.co.jp/cinemacrush/

2010//()0:00~0放送予定
出演:ハンナ・シグラ/ヌルセル・キョセ/トゥンジェル・クルティズ
監督/脚本:ファティ・アキン
原題:THE EDGE OF HEAVEN / AUF DER ANDEREN SEITE
制作 :2007年/トルコ(122分)
言語:ドイツ語、トルコ語、英語

老人、娼婦、学生、トルコ、ドイツ…ブレーメンを舞台に繰り広げられる人間模様。

(英語の原題の直訳は「天国の角」、ドイツ語のは「異なる面から」
 日本語訳の「愛に帰る」はどっからきたんだろう?
 ファティ・アキン監督の映画の原題はドイツ語ではシンプルなのですが
 翻訳されるとクドくなる傾向があるようです。)


■ BS日テレ プレシャスタイム
『U-900』
http://www.bs4.jp/guide/cinema/dresden/

2010/09/18(土)19:00~20:54放送予定
出演:アツェ・シュローダー、イボンヌ・カッターフェルド、オリバー・ワンク
監督:スヴェン・ウンターヴァルト/製作 : クィリン・バーグ/脚本:ミハエル・ガンテンバーグ
原題:U-900
制作 :2008年/ドイツ(95分)
言語:ドイツ語

身分を偽った民間人3人がUボートに潜入し、アメリカへ亡命しようとするが…
第二次大戦のUボートを舞台に描かれたバカバカしいが笑ってしまうコメディ。
公開当時、ドイツで大ヒットした映画だそうです。


■NHK BS2 衛星映画劇場
http://www.nhk.or.jp/bs/genre/movie.html より引用

『 プリンセス・シシー 』
2010年 9月6日(月) 午後1:00~2:42放送予定

原題:SISSI
制作:1955年/オーストリア
製作:カール・エーリッヒ/監督・脚本:エルンスト・マリシュカ
出演:ロミー・シュナイダー、カールハインツ・ベーム、マグダ・シュナイダー
言語:ドイツ語
※ 19世紀のオーストリア。「シシー」の愛称で知られ、その美ぼうと波乱の生涯から数多く小説や演劇の題材になった皇妃エリザベートを描いた3部作の1作目。


『若き皇后シシー』
2010年 9月7日(火) 午後1:00~2:42放送予定

原題:SISSI- DIE JUNGE KAISERIN
制作:1956年/オーストリア
製作:カール・エーリッヒ/監督・脚本:エルンスト・マリシュカ
出演:ロミー・シュナイダー、カールハインツ・ベーム、マグダ・シュナイダー
言語:ドイツ語
※オーストリア皇后となったシシー。皇帝フランツは公務に忙しかったが二人は深い愛情で結ばれていた。だが奔放なシシーと厳格な姑(しゅうとめ)の大公妃とは衝突が多く、やがて産まれた王女の養育を大公妃に奪われたシシーは失意から宮廷を去る…。


衛星映画劇場『シシー ある皇后の運命の歳月』
2010年 9月8日(水) 午後1:00~2:45放送予定

原題: SISSI SCHICKS ALS JAHRE EINER KAISERIN
制作:1957年/オーストリア
製作:カール・エーリッヒ/製作・監督・脚本:エルンスト・マリシュカ
出演:ロミー・シュナイダー、カールハインツ・ベーム、マグダ・シュナイダー
言語:ドイツ語
※オーストリアの支配下となったハンガリーを愛し、ハンガリーの人々にも親しまれたシシー。大公妃は皇后がウィーンを離れることに反対だったが、シシーはハンガリーでの自由な生活を好んだ。その後、結核を発症し死を宣告されたシシーだったが、ポルトガルの島での療養で奇跡的に回復する。


<もしかすると、「ドイツへの旅」だから、ドイツ語も一部ありそう?>
NHK BS2 衛星映画劇場
『霧の中の風景』
2010年8月25日 午前0:25~(24日深夜)放送予定

製作・監督・原案・脚本:テオ・アンゲロプロス
1988年(ギリシャ・フランス)
言語:ギリシア語
※幼い姉弟が父を探し求めてアテネからドイツへ旅に出たという実話を寓話的な映像詩として描き出し、ベネチア映画祭銀獅子(監督)賞を受賞したほか、各国で絶賛された秀作。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

7月のドイツ語映画 放送予定 メモ [ Film 映画]

ドイツ語映画 放送予定 メモ

■AXN■

「グッバイ、レーニン!」
http://axn.co.jp/program/goodbyelenin/

2010/07/03(土)20:50 【字】
2010/07/18(日)06:30 【字】

出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、チュルパン・ハマートヴァ、マリア・シモン
監督・脚本:ヴォルフガング・ベッカー/製作:シュテファン・アルント/音楽:ヤン・ティルセン
原題:Good Bye, Lenin!
制作:2003年/ドイツ
ジャンル:映画(121分)
言語:ドイツ語

※DVDレンタルでみたことがあります。
  東ドイツで東西ドイツの統一を向かえた家族の人間模様。
  バリバリ社会主義者の母が病気で意識のないうちに東西ドイツが統一に。
  母が目覚めたが、精神的なショックを与えたら死んでしまうかもしれない、
  母に統一がばれないようにしなきゃ!と息子が奔走します。

「ザ・クラウン 炎のリベンジャー」
http://axn.co.jp/program/clown/

2010/07/30(金)22:10 【字】

出演:スフェン・マルティネク、トーマス・アンツェンホーファー、エヴァ・ハーバーマン、ゲッツ・オットー
監督:セバスティアン・フィック/製作:ヘルマン・ヨハ/脚本:ティモ・ベルント
Description原題:The Clown
制作:2005年/ドイツ
ジャンル:映画(104分)
言語:ドイツ語

※未見ですが、タイトルの通りのアクション・エンターテイメントのようです。

■■■■■■■■■
ムービープラスでは7月のドイツ語映画の放送を見つけられませんでした。
NHK BSも暫くドイツ語の映画ははなさそう。イングマール・ベルイマン監督の
スウェーデン映画が特集だからかしら。
残念。
nice!(2)  コメント(0) 

ムービープラス 6月のドイツ語ありの映画 [ Film 映画]

メモ●ムービープラス 2010年6月 ドイツ語を話すシーンがある映画

『ベルンの奇蹟』 ~原題『DES WUNDER VON BERN』
http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200800780-000
制作:2003年 ドイツ
言語:ドイツ語(日本語字幕)

放送日
6月 1日 13:15
6月11日 07:30
6月23日 06:00
6月27日 06:15

※一度ビデオで見たことがあります。
 戦後ドイツを舞台にした映画。
 作者の意図が前面に押し出されていないところが逆に良いと思います。
 中学生以上向け。


『コレリ大尉のマンドリン』 ~原題『CAPTAIN CORELLI'S MANDOLIN』
http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200800844-777
制作:2001年 アメリカ
言語:英語他(日本語字幕)

放送日
6月1日 21:00

※5月にもムービープラスで放送があり見ました。
 基本英語ですが、ドイツ軍が出てきて話すシーンがいくつかあります。
 ニコラス・ケイジさん演じるコレリ大尉がホンット~に優しそうでイイです!
 中学生以上向け。


『ブラックブック』 ~原題『ZWARTBOEK 』
http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200800930-000
制作:2006年 オランダ=ドイツ=イギリス=ベルギー
言語:オランダ語他(日本語字幕)

放送日
6月3日 18:15
6月13日 06:00
6月16日 15:15

※一度ビデオで見たことがあります。
 目を背けたくなるリアルな殺人、人種差別、いじめのシーンがある戦争映画。
 大人向け。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

『太陽に恋して』2000・独 [ Film 映画]

「太陽」のような女性を探して、一目惚れして、旅に出て、川を車でジャンプして???…かわいい恋物語です。

太陽に恋して [DVD]

太陽に恋して [DVD]



2004年にベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞『愛より強く』のファティ・アキン監督の作品ですが
こちらはかなりお気楽に鑑賞できます。


『ベルンの奇蹟』2004・独 [ Film 映画]

ベルンの奇蹟

ベルンの奇蹟

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/10/19
  • メディア: DVD


敗戦後のドイツでは、サッカーが人々を活気づけ、優しさと喜びをもたらしたんだなぁ。
レンタルしたDVDには特典として1954年のワールドカップダイジェスト映像が付いていました。
そういや、私もドイツでウサギの肉を頂いたことがあったっけ。ウサギと知らず食べたんだった…。


『Uボート 最後の決断』2004・米 [ Film 映画]

Uボート 最後の決断

Uボート 最後の決断

Uボートと言えばやっぱりアメリカ対ドイツですね。
ドイツ側艦長にティル・シュバイガー。ドイツ語はもちろんですが英語もペラペラと。
アメリカ側のチーフ役のウィリアム・H・メイシーがいい味だしてます。


『キャプテン・ウルフ』2005・米 [ Film 映画]

公開中の「キャプテン・ウルフ」をうちのこと一緒に観てきました。
家族で安心してみられるディズニー映画です。
キャプテンに対するレッド3のキュートなギャグが光ってます。
スイス銀行のシーンが何度か出てきて、ちらほらとドイツ語を聞くことが出来ます。

『キャプテン・ウルフ』2005・米
キャプテン・ウルフ [DVD]

キャプテン・ウルフ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD

前の10件 | - Film 映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。