So-net無料ブログ作成
検索選択
ドイツ語は面白い!
前の5件 | -

9月のドイツ語映画 TV放送予定 メモ [ Film 映画]

ムービープラス
http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200801959-000

『ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜』

原題:Goethe!
制作:2010年・ドイツ
監督・脚本:フィリップ・シュテルツェル
出演:アレクサンダー・フェーリング、ミリアム・シュタイン 、モーリッツ・ブライプトロイほか
言語:ドイツ語
2013年09月16日(月)09:45~(112分)
2013年09月24日(火)05:00~(112分)

映画の公式サイト:http://goethe.gaga.ne.jp/

※お堅いイメージのあるゲーテ、普通の若者だったこと、かなわぬ恋があったこと、瑞々しく描かれている作品でした。

テレビ朝日「世界の車窓」から~ドイツのポップスも [Musik 音楽]

テレビ朝日で夜11時前後にほぼ毎日放送している「世界の車窓から」で
7月から10月2日までドイツ国内をめぐっています。
http://www.tv-asahi.co.jp/train/

BGMはドイツを中心に周辺にゆかりのある音楽
シューマン、ハイドンなどのクラッシックから現代ポップスまで幅広く採用されています。

日本のテレビでドイツ語のポップスが歌われる機会はなかなかないので
9月から録画して聞いています。



8月のドイツ語映画など TV放送予定 メモ [ Film 映画]

今月はドイツ語で放送される映画が見つからなかったので
多分ドイツ語が映画の中で流れるものとオペラをメモしました。

http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000200801108-000 より引用

『クヌート』<日本語吹替版> 原題(ドイツ語):KNUT UND SEINE FREUNDE
放送日時 :2011年8月8日 8:30~(本編:98分)

解説: 2006年ベルリン動物園で誕生したホッキョクグマの成長を中心に、様々な地域で逞しく生きるクマたちの生態に迫るドキュメンタリー
ストーリー:ドイツのベルリン動物園で誕生したホッキョクグマの“クヌート”は、母親が育児放棄したため人工哺育で育てられ、人気者となる。北極では三つ子の子グマが誕生、ロシア・ベラルーシの森では双子のヒグマが母親を亡くす。異なる環境で懸命に生きるクマたちの運命は・・・?

監督:マイケル・ジョンソン
制作:ドイツ(2008年)
ナレーション:藤井フミヤ
言語:日本語/字幕:日本語



http://www.nhk.or.jp/bs/t_theater/ より引用

プレミアムシアター バイロイト音楽祭2011から
歌劇『ローエングリン』 原題(ドイツ語):Lohengrin

BSプレミアム  8月14日(日)午後10:45~午前5:00
 ※8月14日(日)午後10:10~10:45 バイロイト音楽祭2011 生中継直前スペシャル

大作曲家ワーグナーが1876年に創設し、ドイツ中部の都市バイロイトの祝祭劇場で行われるバイロイト音楽祭。カラヤン、ベーム、クライバーといった時代を代表する大指揮者たちが次々と登場、チケットの予約待ちは10年以上と言われ、世界中のクラシック音楽ファンが「一生に一度は行きたい」とあこがれる音楽祭である。昨年、NHKは世界の放送局に先駆けて、バイロイト音楽祭のTV生中継を実現し、大きな反響を呼んだ。そして今年もバイロイト音楽祭の魅力あふれる演目の中から、ワーグナー作品の中でも屈指の人気を誇る歌劇「ローエングリン」を6時間以上におよぶ特別編成で、バイロイト祝祭劇場から衛星生中継でお送りする。
【出演】舩木篤也,黒崎めぐみ

<演 目> 歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)
<出演> クラウス・フロリアン・フォークト(ローエングリン)/アネッテ・ダッシュ(エルザ)ほか
<管弦楽>バイロイト祝祭管弦楽団
<指 揮>アンドリス・ネルソンス
<演 出>ハンス・ノイエンフェルス


http://www.nhk.or.jp/bs/t_theater/ より引用
プレミアムシアター ザルツブルグ音楽祭2011から
『影の無い女』 原題(ドイツ語):Die Frau ohne Schatten

BSプレミアム  8月13日(土)午後11:30~午前3:30

<演 目>歌劇「影のない女」(リヒャルト・シュトラウス)
<出演>ステファン・グールド(皇帝),ウォルフガング・コッホ(染め物師バラク),エヴェリン・ヘルリツィウス(バラクの妻) ほか
<管弦楽>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<指 揮>クリスティアン・ティーレマン
<演 出>クリストフ・ロイ
収録:2011年7~8月
祝祭大劇場(ザルツブルク)
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。